社長挨拶


デジタル時代は中小企業が飛躍する好機

   私が日本で起業したのは1996年です。日中学生交流等を行いながら日中ビジネスをスタートしました。北京航空航天大学や上海交通大学等の有名理系大学の優秀な学生を社員として迎え、社内で日本語教育や技術者研修を実施し、日本の大手システム会社からの受託開発、技術者の派遣を手掛けてきました。システム開発はユー・シー・エルの祖業であり、それをドライバーとして成長してきました。

近年は環境ビジネスにも力を入れています。太陽光発電ではパネル・架台の販売やビジネスの仲介などで実績を重ね、自然エネルギーの推進を通じて環境に貢献しています。

2016年には子会社、ハイラインズを設立し、中国市場に進出したい日本企業の支援やコンサルまでビジネス領域を広げました。中国でのビジネス展開では現地の主要企業とのつながりや通関などの諸手続きに関するノウハウ、さらに現地の商慣習やプロモーションを熟知した深い洞察力が求められます。我々にはそうした経験が豊富にあり、それが日本の商品・製品の輸出販売のコンサル・仲介での成功を導いています。実際、MrMaxやオンワード、千趣会などの商品販売で多種多様な実績があります。

近年はデジタル化時代を好機として世界の舞台で活躍しようとしている日本の中小企業に、中国市場進出の支援を行う事業に力を注いでいます。システム構築と中国市場への販売支援を同時に提供できることがユー・シー・エルグループの最大の強みであり、その両方を中小企業に提供することで、バージョンアップしてもらうことこそ、我々の使命だと確信しています。必ずやウインウインの関係が構築できると信じています。

     何卒、今後とも一層のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


2020年10月1日 代表取締役 陳 海波